<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

大型魚が危ない   

「大型魚が危ない」 2010/10/28

 恥ずかしながら、寿司が大好きである。
 けっして高級なネタでなくてよく、あじとかマグロの赤身とかで十分なのだが、酢の匂いが漂うと日本人に生まれたことを感謝したくなる。
 ところが、最近の新聞で、ぎょっとなる記事に出くわした。
 「2050年までにマグロなどの大型魚はほぼ全滅」という見出しである。
記事の元になる報告書は、名古屋で開かれたCOP10「生物多様性」に合わせて、UNEP=国連環境計画が発表したものであり、それによると、40年後の2050年までに、世界じゅうのほぼすべての海域で漁獲量が減少し、特にマグロなどの大型魚はほぼ全滅して、漁業の中心は体長が20センチ程度の小型の魚になると予測している。
 UNEPは世界中の海の生物多様性について調査しており、原因としては、魚の乱獲や気候変動による海面温度の上昇、それに陸地からの排水などによる海水の汚染をあげている。事務局は「海の環境がこのままのペースで悪化すると、漁業や観光などの分野が数兆ドルの規模で悪影響を受ける可能性がある。緊急な対応が必要だ」と警告している。
 若いひとは40年というとずいぶん先に思うだろうが、我々にとって40年前はついこのあいだというほど短い。
 これはもう、たんに環境問題ということではない。前にもこの欄で書いたが、今から50年前に33億人ほどだった地球上の人口が、’08年には68億人と倍増したことが根本にある。この人口では廃棄物や資源の状況から見て、すでに「地球の包容力」を4割近くもオーバーしており、気候変動や生物の多様性に深刻な影響を与えるという問題である。1972年にデニス・メドウズ氏などが、『成長の限界』とそれに続く3部作により指摘してきたのだが、近年、はっきりといろんな兆候がでてきた。
 私事で恐縮だが、筆者は、この春に女の子の初孫が生まれて、その顔を見ていると、これはなんとかしなければという気持ちが強くなってきた。
マグロの握りも知らない日本人ができるなんて悲しすぎると思う。
 微力ながら講演活動なども始めたのだが、ことが大きすぎて気だけ焦ってしまう。
 

 
[PR]

by chihirotp | 2010-10-31 11:52 | 随筆

いい湯だな・・・   

「いい湯だな・・・」  2010/9/28

東京の真夏日が過去最多の71日となったこの夏、一泊ずつではあるがなんと、3度も「特価で」温泉に行くチャンスに恵まれた。

行く前は「この暑い中、なんで・・・」と思った。いや実は、ムカシから、そもそもわざわざ遠くまで行って、湯につかって、カネ使ってなにが面白いんだろうなどと考えていた。さらに、「若いくせに温泉に行きたがる若者は、他にやることはないのか!」などとも年寄りっぽく考えていた。だから、会社の旅行とかセミナーのついでとか以外では、自分から進んで温泉に行ったことはなかったのである。

しかし今回は、「これはいい、時間ができたらまた来よう」という気になった。
第一に、どこに行っても、温泉設備がきれいになり、快適になっている。学生とゼミ旅行で行った一泊2食つき13,000円の千葉白子温泉の宿でも、実に風情のある露天風呂が付いていた。

つぎに、刺し身とトンカツと焼き鳥と・・・というふうに品数だけ多くて、冷えていてといった筆者のイメージが古すぎるかもしれないのだが、上手く(遠地から)調達したと見られる季節のサカナをきれいに盛り付けたり、その場で煮炊きできる小さなコンロなどの料理はいずれもヘルシーでよかった。特に、日光鬼怒川温泉の大旅館のバイキングは、売り物にしているだけあって、目がくらむほど種類が多く、シェフが付いて焼いてくれる肉やオムレツは一流ホテルのように旨かった。

さらに、もちろん、値段が安くなったことが一番嬉しい。
これも、古い思い込みかもしれないが、団体で1室4人とか詰め込まれて、幹事が苦労したはずなのに、一人3万円とか掛かった記憶がある。

しかし、鬼怒川温泉では、宿泊した大旅館の周りが廃業したホテルだらけだったように、厳しい競争が安価なレジャーをつくりだしている。

いずれも学生や若いひとが企画してくれたのだが、インターネットで上手く探せば、「クチコミ情報」などにより、安くて良い宿を探すことができる。「直前、格安情報」で当たれば信じられないような旅行も可能なようである。
パソコンを活用した温泉旅行をお奨めしたい。
[PR]

by chihirotp | 2010-10-03 17:53 | 随筆