<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

WBC優勝!2009/3/26   

「WBC優勝!」2009/3/26

 9月15日のリーマンショック以来、不況と暗いニュースしかなかったような気がするが、桜が咲くこの季節に、本当に久しぶりに嬉しいできごとがあった。
 WBC、ワールド・ベースボール・クラシックでの日本の優勝である。
あのクールなイチローが、初戦から打てなくて、悩みに悩んで、決勝の延長戦でファールでさんざん粘った挙句、最後の最後に歓喜にいたる決勝打を放つという筋書きだったのだから、野球ファンでなくても感激しただろうと思う。
また、国威発揚だとか日本国民とかいう発言が少なく、選手も国のためとかいうより、野球ファンのためとか野球のためとかとかいう言い方をしていたのが印象に残った。
スポーツは、それ自体が目的であり何かの手段ではないのだから、良いことだと思う。失業している人も、病気の人も、きっと本当の意味で元気をもらえたと思う。
ところで、今回もやはり気になってしまうのが、メジャー球団の「本気」である。
多数のメジャー選手が出場を辞退したとか、ドミニカの投手ボルケスには所属するレッズから1次ラウンドのルールより10球少ない60球までしか投げるなという厳命があったとか、さまざまな要求があったそうだ。今回MVPの松阪にも、所属するレッドソックスから、練習中の球数にまで注文がついていたという。
選手を消耗品と考える米国球界は、冷徹なビジネスでしか動いていない。カネが全てなのであろう。
考えてみたら、そもそも球数制限のある試合など、本当の野球なのだろうか。ひとつの大会で、同じチームと5回も対戦するようなルールが正しいのだろうか。さらに、大リーガーとて、もともとは野球が好きでプレイしているはずで、その彼らに出場を辞退させて働かせるというのは根本が間違っていないのか。「野球は青空の下でやるスポーツだ」と、頑なに球場に屋根をつけないというアメリカ人に聞きたい。
人間にはときには、カネより、ビジネスより大事なことがあるのである。
サムライが本当のサムライであるためにも、メジャーリーグに猛省を促したい。また、優勝国のコミッショナーは、真剣に交渉してもらいたい。
[PR]

by chihirotp | 2009-03-25 11:09 | 随筆