「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

2014年1月20日(月)19時30分~ 表参道ジャズバード!   

3月6日(木)19:30~ ジャズバード、大人のジャズ!ラッパと共にGジュー年」
演奏
  鈴木 ミヨ P,Vo エディー河野 B  岩渕 泰治 Ds 岩井千尋 Tp +
    '14年3月6日(木)  Ts 黒沢和大   
        4月21日(月) Tb名手 深田悟氏(元、東京ユニオン)

 カレシ、カノジョとおでかけください!チャージ1,300円です。

「ジャズバード」 東京表参道駅2分 03-5474-2702 
場所などはジャズバードをどうぞ!

c0215638_23452241.jpg

[PR]

# by chihirotp | 2014-04-21 23:45 | ライブ予定表

2014年2/14、3/14、4/11 渋谷シーバード 二金セッション   

アマチュア・ジャズマニアの方に
毎月第二金曜日(次回'14年/1/10、2/14、3/14)、続いております。22年目に入っております。

シーバードは表参道、青山学院西門向かい、03-3499-1890、ミュージック・チャージなし、コーヒー500円〜、焼きそば、ピザ、ビールなどあります。広くないので、大人数はお気を付けください。
場所など、詳しくは、ピアニスト朝田照雄のブログをどうぞ!
 


c0215638_12152196.jpg

[PR]

# by chihirotp | 2014-04-14 00:01 | ライブ予定表

2013/11/9 ケン岡本とファンキーオールスターズ、銀座シグナス   

c0215638_1249310.png
2013/11/9 ケン岡本とファンキーオールスターズ、銀座シグナス

「俺はファンキーが演りてえ」と、ベテランのプロドラマーケン岡本率いるファンキー・ジャズ・オールスター

 11/9(土)19:30〜22:00 銀座シグナス(銀座の老舗ライブハウス)
  ケン岡本ファンキーオールスターズ(Tp以外はプロ)チャージ2,500円
  http://www.jazz-cygnus-aries.co.jp/cygnus/cygnus.html
  リーダー、Drums  ケン岡本
  Vocal         おかのひろみ、2010年度JAZZDAYコンテストグランプリ受賞
  テナーサックス    黒田一義、熱い心の、聞くものを必ず感動に導く時代を経たいぶし銀の職人技
  ピアノ         久保政巳 美空ひばりや都はるみさんのバックも経た超ベテラン
  ベース         パンダ木村 数得きれないほどのミュージシャンと共演したベテランベーシスト
トランペット      岩井千尋
[PR]

# by chihirotp | 2013-12-20 12:22 | ライブ予定表

2013年9月11日(水)伊豆の下田、菅野邦彦アコースティックセッション   

9/11水曜夜、伊豆下田、菅野邦彦アコースティックセッションのお誘い    

 夏の終わりに、伊豆の下田で、とても嬉しいできごとがありました。
 菅野邦彦さんというピアニストがいらして、昔々学生時代に東京で、ひと目ならぬひと耳聞いて、その音色、メロディーの美しさとリズムの大胆さに驚き、惚れ込んで大ファンになりました。
 
 あるとき、ライブを聴きに行って厚かましくも「5年ほど前にちらっと聞いた『秋の空澄み切った・・・』という童謡が耳から離れないので是非弾いてください」と、ジャズではちょっと無茶なお願いをしたことがあるのですが、「覚えてるかなあ・・・」などとおっしゃりながらも、素晴らしいソロを弾いてくださったことを忘れません。

 その菅野さんのライブで、この5月なんと、私がトランペットで1曲参加させて頂く幸運がありまして、年甲斐もなく心臓パクパクですっかりあがりながら、Everything happens to meを吹きました。
そのときは少しだけお話しさせて頂いたのですが、驚いたことに後日わざわざ電話くださって、「いま暮らしている伊豆の、下田ビューホテルというところでピアノ弾いているから、トランペット持ってきませんか」と誘ってくださいました。

 私は、そのときちょうど前歯が1本抜けて、吹けなくなって落ち込んでいたのです、40年来のファンである御大に声かけていただいて、舞い上がってしまって、すぐさま、「インプラント植えてもう一度吹こう」と決意が固まりました。
 
その後手術をを受け、仮の入れ歯ができて唇も元に戻り、先日、下田に伺うことができました。ライブハウスのあるホテルの予約までしてくださっていたのですが、そのホテルの前のエメラルド色の砂浜と景色が素晴らしく、海が好きな僕には最高の夏になりました。
下田ビューホテル

 その日、お客さんは少なかったのですが、ホテル内の素晴らしいレストランで、御自身の発明である「未来鍵盤」というクロマティック(半音)ピアノを披露してくださり、それにも心底驚いたのですが、楽器が変わっても素晴らしい音楽は少しも変わりません。
 
 夜中の1時すぎまで吹かしてもらって、チェット・ベイカーさんやヘレンメリルさんと共演したときの面白い話なども聞くことができ、夢のように楽しい夜でした。
 
 レコードを70枚もだされていることや演奏経歴の凄さなどWEBで知りましたが、その気さくなお人柄と優しさから皆に「スガちん」と呼ばれている理由が分かったような気がします。 
 菅野邦彦さんの公式HP

 長いことラッパとジャズをやってると、こんな嬉しいことがあるのですね。
 9/11水 再び下田に行きます。素晴らしいところです。ぜひいらしてください。
 詳細は、下田ビューホテル、シャンタンをどうぞ!
[PR]

# by chihirotp | 2013-10-06 15:09 | ライブ予定表

2012年、3/07(水)19:30〜23:15 ジャズバード出演   

c0215638_23431232.jpg
、2012年3月07日(水)19:30~23:15  ジャズバード
演奏
 ゲスト:来年3/07(水) 深田悟 Tb 元東京ユニオン、とびきり美しい音色のトロンボーン
        4/未定(月) 沢田志郎 Ts 元プロの素晴らしくスイングするテナーサックス
 レギュラー: 鈴木 ミヨ P,Vo  Eddie河野 B  岩渕 泰治 Ds   岩井千尋 Tp
  


 昨年の大震災、原発事故・・・ 
 辛い思いをしている方が多いと思います。
 でも、音楽は、こんなときのためにこそあります。
 明日から頑張りるために、心の安定を取り戻すために、人生は捨てたものでもないと思うために、
、ぜひお出かけください。

 洒落た「大人の」ライブハスス、料理も旨い ジャズバード  MC=¥1,300 東京表参道駅2分 03-5474-2702 
[PR]

# by chihirotp | 2012-03-07 22:13 | ライブ予定表

便利さ・心地よさを考え直そう   

「便利さ・心地よさを考え直そう」
20010/12/28
 新年にあたって、性懲りもなくであるが、誓いをたてる。
 昨年は「身の回りのモノを減らす」という目標をたてたが、今見回してみると、増えはしないものの、残念ながら、目に見えて減ってもない。
 今年は「便利さ心地よさを安易に追求しない」ということを考えた。我ながら年寄り臭いとも思うが、まあそろそろいいかとも思う。年をとると物忘れが酷くなるなどということもあるが、少しだけモノが見えるようになるという良いこともある。
 便利なもの、心地よいものを手にいれるとたいていの場合は、何かを失うのである。
 携帯やPCは便利であるが、仕事が四六時中追いかけてきて自分の時間を細切れにされる。あえて携帯を持たない同僚も3,4人居る。
 コンビニで何か買えばいつでも、そこそこの食事はできるが、家族の団欒と、できたての手作料理の真の美味しさを失ってしまう。
 車をもつと行動範囲が広がり楽しい思いをするが、費用がかかり、足腰が弱り、歩く喜びも失っているかもしれない。きれいな環境も失っているかもしれない。
  戦後、もう65年、我々は豊かさを求めて懸命に頑張ってきたが、結局は便利さ、心地よさを追求いてきたともいえよう。それは、どこかまでは正しかったのだろうが、どこからか以上はただの行き過ぎで、幸せにつながっていなかったと考えられる。
 我々はさらに、他人の幸せを邪魔していないかも考えなければならなくなった。
 グルメ・ブームに沸く日本では、1年間の食べ残しの量が食物の4割にも上るといわれるが、一方で人類の7分の1、10億人は飢えている。
 CO2の排出による温暖化でどこかの島が水没しそうになっていたり、現在の漁業の乱獲で大型の魚種が絶滅し将来の人々の食生活が制限されそうだとか、時間空間を越えた他人の心地よさを奪っていることも考えなければならなくなってきた。地球の有限性を無視できなくなってきたのである。
 ハナシが大きくなってしまったが、もちろん、自分にできるところから始めることが重要である。場合によっては、自分に「便利税」なども掛けてみようと思う。
青山学院大学社会経済学部教授 岩井千尋
[PR]

# by chihirotp | 2010-12-28 16:34 | 随筆

そりゃあイカンぜよ   

「そりゃあイカンぜよ」  2010/11/29

 NHKの「龍馬伝」が、ついさきほど第48回の最終回を終えた。
結末は、もちろんわかっていたのだが、あれほどの人物が、わずか33歳で暗殺されたのは、改めて悔しいし、残念でならない。
 龍馬の生家の近くで育ったということもあって、今回は自分でも驚くほど熱心に毎週、テレビで見た。嬉しいことに、親しい友人が土佐弁で話しかけてくれるようになった。
 友人たちも、土佐の田舎の一介の下級武が、300年続いた階級社会で、無血革命を成し遂げるという物語にはやはり感動してくれたようだ。
まず、龍馬の清々しい魅力は、私心がないことにある。あれほどのことを成し遂げながら、目的はあくまでも「皆の住みよい世界」であり、自分は新政府の中に入ろうとすら思っていなかった。
また、龍馬の凄さは、時代を見通す力にある。剣術修行をしながらそれが役に立たないことを見越し、武士の世の中に生まれながらそれが行き詰ることを見越し、鎖国の国に生まれながら世界に目を向けた。「船中八策」で明治政府の綱領までつくっていた。
さらに、龍馬の素晴らしさは家族愛、同胞愛、人類愛ともいうべき平和主義にある。脱藩しながら最後まで郷里の同胞と行動を共にし、幕府を否定しながら内戦を回避し、日本が列強の植民地になるのという危機感を抱きつつも、海外貿易に夢を馳せた。
さて、今月号の本誌「数字クイズ」では地球温暖化のことを書いたが、ここ50年で人口が倍増して68億人となり、人類は地球の包容力を超えてしまっている。近年、気温が上がり、洪水など異常気象が頻発し、大型魚類があと40年で絶滅するなどという国連の報告が出て、良くない兆候がはっきりと出始めたように思える。
それなのに、昨年12月、コペンハーゲンでのCOP15(気候変動枠組条約第15回締約国会議)では、192カ国・地域から約4万人が参加しながら、温室効果ガス削減目標の合意が得られなかった。1997年の京都議定書は、中ブラリンになったままである。
こんなときこそ、「そりゃイカンぜよ」と言って、CO2問題で対立する国々の間をとりもってくれる竜馬は現れてくれないのだろうか?
[PR]

# by chihirotp | 2010-11-28 16:31 | 随筆

大型魚が危ない   

「大型魚が危ない」 2010/10/28

 恥ずかしながら、寿司が大好きである。
 けっして高級なネタでなくてよく、あじとかマグロの赤身とかで十分なのだが、酢の匂いが漂うと日本人に生まれたことを感謝したくなる。
 ところが、最近の新聞で、ぎょっとなる記事に出くわした。
 「2050年までにマグロなどの大型魚はほぼ全滅」という見出しである。
記事の元になる報告書は、名古屋で開かれたCOP10「生物多様性」に合わせて、UNEP=国連環境計画が発表したものであり、それによると、40年後の2050年までに、世界じゅうのほぼすべての海域で漁獲量が減少し、特にマグロなどの大型魚はほぼ全滅して、漁業の中心は体長が20センチ程度の小型の魚になると予測している。
 UNEPは世界中の海の生物多様性について調査しており、原因としては、魚の乱獲や気候変動による海面温度の上昇、それに陸地からの排水などによる海水の汚染をあげている。事務局は「海の環境がこのままのペースで悪化すると、漁業や観光などの分野が数兆ドルの規模で悪影響を受ける可能性がある。緊急な対応が必要だ」と警告している。
 若いひとは40年というとずいぶん先に思うだろうが、我々にとって40年前はついこのあいだというほど短い。
 これはもう、たんに環境問題ということではない。前にもこの欄で書いたが、今から50年前に33億人ほどだった地球上の人口が、’08年には68億人と倍増したことが根本にある。この人口では廃棄物や資源の状況から見て、すでに「地球の包容力」を4割近くもオーバーしており、気候変動や生物の多様性に深刻な影響を与えるという問題である。1972年にデニス・メドウズ氏などが、『成長の限界』とそれに続く3部作により指摘してきたのだが、近年、はっきりといろんな兆候がでてきた。
 私事で恐縮だが、筆者は、この春に女の子の初孫が生まれて、その顔を見ていると、これはなんとかしなければという気持ちが強くなってきた。
マグロの握りも知らない日本人ができるなんて悲しすぎると思う。
 微力ながら講演活動なども始めたのだが、ことが大きすぎて気だけ焦ってしまう。
 

 
[PR]

# by chihirotp | 2010-10-31 11:52 | 随筆

いい湯だな・・・   

「いい湯だな・・・」  2010/9/28

東京の真夏日が過去最多の71日となったこの夏、一泊ずつではあるがなんと、3度も「特価で」温泉に行くチャンスに恵まれた。

行く前は「この暑い中、なんで・・・」と思った。いや実は、ムカシから、そもそもわざわざ遠くまで行って、湯につかって、カネ使ってなにが面白いんだろうなどと考えていた。さらに、「若いくせに温泉に行きたがる若者は、他にやることはないのか!」などとも年寄りっぽく考えていた。だから、会社の旅行とかセミナーのついでとか以外では、自分から進んで温泉に行ったことはなかったのである。

しかし今回は、「これはいい、時間ができたらまた来よう」という気になった。
第一に、どこに行っても、温泉設備がきれいになり、快適になっている。学生とゼミ旅行で行った一泊2食つき13,000円の千葉白子温泉の宿でも、実に風情のある露天風呂が付いていた。

つぎに、刺し身とトンカツと焼き鳥と・・・というふうに品数だけ多くて、冷えていてといった筆者のイメージが古すぎるかもしれないのだが、上手く(遠地から)調達したと見られる季節のサカナをきれいに盛り付けたり、その場で煮炊きできる小さなコンロなどの料理はいずれもヘルシーでよかった。特に、日光鬼怒川温泉の大旅館のバイキングは、売り物にしているだけあって、目がくらむほど種類が多く、シェフが付いて焼いてくれる肉やオムレツは一流ホテルのように旨かった。

さらに、もちろん、値段が安くなったことが一番嬉しい。
これも、古い思い込みかもしれないが、団体で1室4人とか詰め込まれて、幹事が苦労したはずなのに、一人3万円とか掛かった記憶がある。

しかし、鬼怒川温泉では、宿泊した大旅館の周りが廃業したホテルだらけだったように、厳しい競争が安価なレジャーをつくりだしている。

いずれも学生や若いひとが企画してくれたのだが、インターネットで上手く探せば、「クチコミ情報」などにより、安くて良い宿を探すことができる。「直前、格安情報」で当たれば信じられないような旅行も可能なようである。
パソコンを活用した温泉旅行をお奨めしたい。
[PR]

# by chihirotp | 2010-10-03 17:53 | 随筆

「真夏の夜のジャズ」をもう一度    

「真夏の夜のジャズ」をもう一度 2010/8/30

 ちょうど50年前に公開され、いまだにジャズファンの間で人気の、「真夏の夜のジャズ」という映画(いまやDVDの方が分かりやすい)がある。
 ニューポート・ジャズフェスティバルの実況であり、若き日のアニタ・オデイが広いツバの帽子を着て歌い、セロニアス・モンクやルイ・アームストロングの元気な姿が見られ、港のヨットが見える会場では、観客が芝生で寝転がってのんびりとジャズを楽しむという映画である。
 しかし、このように猛暑が地球を覆いつくしてしまうと、このような光景が現実感を失ってしまう。別ページの「数字クイズ6」に書いたように、50年前の夏には東京にも猛暑日など皆無だったのだが、最近ではロシアでも40度を越えているらしく、外で何かしようという気などにはとてもならない。
 にわかに淋しくなって、なにか良いハナシはないものかとWEBをしらべてみた。
 そもそも地球に降り注ぐ太陽エネルギーはたった1時間で、人類が1年間に使う量に匹敵するという。それほどの熱は、薄い空気の層を昇っていって放射され冷まされるので釣り合いがとれて、地球には海があり川があり芝生があり、その上で寝転がることができる。
 ところが、人類が化石燃料を燃やして、空気中にCO2が増え、温室効果が働いて温暖化現象が起こっている、というのが「通説」になっている。
 しかし、地球の気温に与える影響は、太陽の方が断然大きくて、黒点の状況などとの関係が大きいという説もあるようである。その説によれば、CO2に関係なく地球は「冷えるときには冷える」ものらしい。
ただし、その説の正しさはとうてい証明できるものでもないだろうし、「では、いつから冷えるのか」と聞いても、その時期は判らないだろう。
 火山灰のようなものを大気圏にバラ撒いて、地球を冷やすというアイデアもあるらしいが、それとてもコストのこととか冷やしすぎたらどうなるのかとか考えると簡単なこととは思えない。
やはり、真面目にエコと取組む以外なさそうである。
 暑くて、子供がセミとりにすら出掛けられない夏は淋しすぎる。
[PR]

# by chihirotp | 2010-08-30 17:45 | 随筆